■週刊うちばや 第50刊 例えばなりたい○○屋さん 編

こんにちはAtaliです。
第50回になる週刊うちばや、今回のテーマは「例えばなりたい○○屋 編」です。
各々の専門分野が固まっているうちばや家。もし違う人生を歩めるならなりたい職業はなんでしょうか?
それではいってみましょー!

◆ バーのマスター

かなりハードルの高い職業だと思いますが、若かりし頃のAtaliはいつかなってみたいなと思うぐらいバーで過ごすことが大好きでした。
バーといっても色々あると思いますが、穴場スポットで静かめなバーみたいなのが理想です。
Ataliは基本的に人の話を聞くのが大好きなので、肝臓と体力と資金力があれば是非なってみて色々な人の話を聞いてみたいなと思う次第です。その次になりたい職業はインタビュアーとかでしょうか、こちらも色々な人の話を聞いていく事が仕事ですね。
今からでも目指せるものなのかなー?

■難しい

今日のお題難しくない?全然考えたことなかった。

んーなんだろう、強いて言うなら食べ物好きだしなんかそういう店?どっちかというと屋台のおっちゃんみたいな方がやりたいかなぁ。
今どき屋台のラーメン屋とか全く見ないけどできるんならちょっとやってみたいよね。ラッパみたいなやつ吹くの。
あーでも今はウマが楽しいので馬主とか牧場主とか調教師とかそのへんも興味あるよね、ウイポでめちゃくちゃ楽しんでるから現実ではお腹いっぱい感あるけども。

○○屋さんになりたい…いろいろあるけど、とにかく小さな○○屋さんは共通して頭につきまする。

■文房具のような小さなおやつ屋さん

おばんでーす。

うちばや締め切りがとうの昔にすぎておった。

来週は締め切り絶対日曜日に厳守!厳守!!!

まめかりはその後、韓国ドラマにはまり毎日繰り返しみては

じーんとしている。現在『トッケビ』3回目みている。

前回はまった、『愛の不時着』より好きかもしれん。

愛の不時着は大人っぽいドラマだったが、『トッケビ』は

初恋感満載でういういしい。

トッケビさんとチ・ウンタクちゃんに夢中になっている。

多分何回みても飽きずに見続けるのかも。

ところで、今週のテーマだが、

私は『文房具のような小さなおやつ屋さん』になりたし。

お仕事の合間のほっと一息おやつ時間。

筆箱ポーチからそっと取り出す。小さな袋入りのおやつ。

とってのついた小さな豆皿に袋から移して。

一粒づつゆっくりと味わいませう。

小袋には これもまた小さすぎるイラストが真ん中に浮遊したように印刷してある。

なんとかわゆいおやつでしょう。

文房具と おやつと 豆皿やさん。

ちいさなおかき、ちいさな豆、ちいさなクッキー、ちいさなメレンゲ、

ちいさなチョコ etc…

そうそう、ちいさなティーパックも添えて。

てな想像をボーっとしておりまする。

実現したい、まめかりのちいさなおやつ屋さん。

わたしは、ガジェットの墓に 埋もれる墓守人のような店主になる。(まめかり代筆)

Follow me!

投稿者プロフィール

UchibayaFamily
UchibayaFamily
うちばや家のみんなが参加する、やや週刊 うち流行というコーナー。
各刊、4人の趣味嗜好を炙り出します。
あらためて、あんたそうやったーんと発見があれば面白いとおもうのだにゃ。(背後霊猫さん)
いいね! (0) 記事が気に入ったら いいね! を押していいね!してね!

読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください