【PCゲーム】Library Of Ruina【ゲーム紹介】

こんにちは、Ataliです。
以前から気になっていた『Library Of Ruina』をプレイしたので、熱のさめぬうちに感想を書いておこうと思います。
先に結論を書きますが、面白いし続きが気になってしょうがない状態です。
なんと漫画の週刊連載の様に毎週アップデートされているので現在のα版で購入しても楽しみが続いていきます。
それでは、早速Library Of Ruinaとはなんぞや?から魅力までお話ししていきたいと思います。

『Lobotomy Corporation』の続編

知る人ぞ知るSFホラーシミュレーション?ゲームの名作。こちらの続編になっている。

まず第一にこのゲームは、知る人ぞ知るSteamゲー『Lobotomy Corporation』の続編となっております。
『Lobotomy Corporation』を知らない方向けに説明すると、プレイヤーは奇怪な存在達を管理しながらエネルギーを目標値まで生産し続けることでストーリーを攻略していきます。ジャンルで説明すると経営シュミレーションとRTSを混ぜたような?なんともオリジナルとしかいいようのない独特なシステムで構築されています。とりあえずストーリーや世界観はSF+ホラーといった感じで、ダークなお話が好きな人向けの作品でした。今作も続編とある通りダークな展開で埋め尽くされております。日本の漫画で言うと『東京グール』なんかが好きな人には向いてるかもしれません。(超個人的感覚です)

美麗なオープニングと引き込まれるストーリー

タイトルそのままに、オープニングソングとアニメーションが凄く良く出来ていて何回も再生しております。
歌手の方はゴブリンスレイヤー等で有名なMiliさんという方らしいです(Toudaiji情報)。華凛なのに迫力のある歌声ですね。
ストーリーに関しては、徹底的にダークな世界観で作り込まれています。ハッピーエンドを求める方にはちょっと違う作品かも知れませんが、DCコミック系の映画を楽しめたり、良い意味で厨2的な要素が好きな方は惹きこまれるんじゃないかと想像しています。

デッキを組み、ダイスに祈る

初見で完璧なデッキを組むのは難しい。トライ&エラーあるのみ。

肝心のゲーム部分も、オリジナリティと分かり易さを兼ねていて面白いです。
プレイヤーは司書(キャラクター)達にページを装着(デッキをセット)して戦闘に挑みます。
ページの中身は倒した敵キャラクター達を本にしていく事によってバリエーションが増えていきます。
要は倒した敵の強さを手に入れることが出来るんですね。
いざバトルに入ると手札運やダイス運にも悩まされて、いい意味で長く考えゲームに没頭することが出来ます。
基本的にステージは初見で挑むことになるので、負けては対策を考えてまた挑みなおしてといったレベルバランスになっていて、極端な運ゲーにはなっていないと感じています。上手な人だとある程度応用力のあるデッキやダイスの使い方で初見でも突破していけるかもしれません。
全体的に歯ごたえがあり、イージーモードは現在存在していないのである程度詰まる覚悟を持てるゲーマー向きなバランスになっているともいえるでしょう。

デッキを組んでバトルしていく点はSlay the Spireに近い。だが結果はダイスによって左右されてしまう、よーく祈りましょう。

『Library Of Ruina』の魅力と改善点まとめ

現在α版の開発中。丁寧なメッセージやアップデートが印象的だ。

最後に箇条書きで簡単にまとめていきます。

  • 徹底してダークなストーリーが面白い。群像劇より?
  • 育成や編成パート有。ややハクスラな部分も有、どちらかというとRPGのドロップ収集に近い
  • 戦闘はターンコマンド性を進化させたようなシステム、『Slay the Spiere』のようなカードバトル。
  • 固有キャラも存在するが、多様な外見設定を汎用キャラに設定可能、セリフ機能もあり。
  • キャラグラフィックが可愛い、カッコイイ。マルクト最高
  • OP含めてBGMがオシャレ。ジャズ調が多め?

思いつく限りはこんな感じでしょうか。
まだα版というのもあり、所々不具合もありますが、気になる人は気になりそうな部分も挙げておきます。

  • たまに効果音が調整効かずマックス音量で鳴る(ビビる)
  • UIがオサレだけど、慣れるのに時間がかかる
  • ソート機能やクリックの回数を減らす方向に調整が必要な気がする
  • 徹底してダークな、独特な世界観が織りなすストーリー
  • 字幕は日本語だけど、ボイスは韓国語(素晴らしい演技です)

まだまだ開発中ですのでバランス調整やUI改善などの余地も残されていますが、全体的に非常に完成度が高いと感じています。
歯ごたえのあるアドベンチャーゲームをゆっくり一人で楽しみたい方に是非お勧めしたい一作となっておりますので是非遊んでみてください。

投稿者プロフィール

Atali
Atali
外向けはA型、実は典型的B型なうちばやの長男です。
一昔前はFPS等大好きプレイヤーだったけど、
年を追うごとにリアルタイムの情報処理能力に難が・・・。
亀のようにゲームを楽しむスタイルへ変化中につき、
その方面でのゲームレビュー等を主に執筆予定。
いいね! (0) 記事が気に入ったら いいね! を押していいね!してね!

読み込み中...